このエントリーをはてなブックマークに追加 

【ライザップ ゴルフ体験ブログ】LessonI引き続きドライバー

 

 

 

さあ、10回目になりました、今回のライザップゴルフブログ!

 

10回目のレッスンも、7・8・9回目のレッスンに続き、ドライバーのみを重点的に行いました。

 

合計4回のレッスンをドライバーに費やしているので、そろそろこのハマりから抜けたいです・・でないと次に進むことができません。

 

時間は限られているので、ちょっと焦っています・・


ライザップ ゴルフの公式サイトはこちら >>

 

ゴルフは難しく考えすぎないことが大事

私がドライバーでと路頭に迷っているのを見かねたトレーナーは、「たぶん難しく考えすぎていると思うので、とにかくシンプルに考えて行くことが大事」だと言われました。

 

物事はなんでもシンプルだと思うのですが、ゴルフに関してシンプルに考えれるような余裕がないのが今の私の現状です・・

 

なぜなら「スライス」だけでなく、「テンプラ」という新たな症状が発症し始めたからです。

 

テンプラが出ると、ふわふわふわ〜と上に飛んでいくだけで全く距離がでないので、かなりやっかいです・・

 

トレーナーいわく、テンプラはダフっている事が原因で起こる症状なので、インパクトの時に払い打つようなイメージを持つ事が大事だと言われました。

 

払い打つようなイメージを持つためには、以前のレッスンから口が酸っぱくなるほど言われているように、体から手が離れず、窮屈な感じでインパクトできなればならないとの事でした。

 

また、テンプラする時は、ゴムティーを打ってしまい「バシッ」という音がします。ゴムティーを打ってしまっていては当然飛距離は出ないので、ボールをインサイドからアタックして芯に当てていかないといけないと言われました。

 

トレーナーから伝えられた「テンプラ」の改善方法まとめ

  • 前傾の軸を崩さず目線が変わらないようにする
  • 頭の位置を変えないで軸に対してまっすぐ打つ
  • 右腰と手が一緒に動く感じでインパクトまでもっていく
  • 腰を回転させながら横降りのイメージ
  • 腰が回ると払い打ちができる

 

 

テンプラはスライスよりも重症なので、早急に治す必要があります。

 

腰と手が同調して動き、芯をとらえる感覚を身に付けることが最優先になります。

 

とりあえずフルスイングは封印し、肩から肩のふり幅で芯にあてる感覚を養っていきましょう!


 

テンプラ・スライス改善の練習ドリル

@小さいふり幅で十中八九芯に当たるようになってきたら、フルスイングをしていき当たりを確かめていく。

 

Aフルスイングでテンプラしないようであれば、こんどは入射角(ボールが当たる角度)が合っているか確かめる。

 

Bスライスするようであればフェースが開いて当たってる証拠なので、インパクトの時にヘッドが手よりも前にいっているかどうか確かめる。

 

Cヘッドが手よりも前に行く感覚をつかめなければ、再度小さいスイングに戻して当たりを確かめていく。

 

Dこの流れをひたすら繰り返し練習していく。

 

 

ドライバーがクラブの中で一番フェースが開いて閉じるという動きが大きいので、スイングの根幹ができていないと絶対につかまったボールを打てるようにはなりません。

 

ドリルはかなり地味な練習になりますが、小さいスイングで確実に根幹を作り上げていくことがとても大事です。

 

私が伝えた動きは、今までやったことがない動きだと思うので、違和感を感じながらスイングをしているのではないかと思います。

 

でも、この違和感を感じるスイングが正しい動きなので、そのまま愚直に練習していってください。

 

現状の目標としては、データ上で+1000以上出ているスライス回転を減らし、+700回転ぐらいの飛ぶスライス(フェード)にしていきたいですね!


結局、この日もドライバーのレッスンだけで終了になってしまいました。

 

かれこれ合計4回ものレッスンをドライバーに費やしていますが、足踏み状態が続いています。。嘆いてもしょうがないので、トレーナーから言われたことを信じて練習しまくります!

 

あまりの悔しさに帰ってから練習場でドライバー練習

 

この日のレッスンは、あまりにも不甲斐ない内容だったので、家に帰ってからそのまま打ちっぱなしに向かいドライバーの練習をしました。

 

ここまで4回のレッスンをドライバーに費やしていますが、スイングの仕方は頭で分かっていても、体が思うように動いてくれません。こうなれば、もう練習量でカバーしていくしかないです!

 

練習場に到着し、早速ドライバーで打っていきましたが、練習場に来たからといって急にボールがまっすぐ飛ぶはずもなく、お決まりのごとくスライスの連発です。。

 

さすがに心が折れそうになりましたが、ここで弱音を吐いてもしょうがないので、ライザップゴルフのトレーナーから指導してもらったことを思い出しながら、ひたすらドライバーで打ちまくりました。

 

2時間打ち放題のプランが終盤に差し掛かってきても、まったくスライスが治る気配はなく、「やっぱりだめか。。」と、さすがに肩を落としました。

 

練習時間残り10分弱。。このまま同じ感じで打ってもしょうがない、こうなったら極端にインサイドアウトにドライバーを振ってみようと思い立ち、少しヤケクソ気味でボールを打ってみました。

 

すると、今まで何度打ってもスライスしていたボールが、ほぼ真っ直ぐな方向に飛んでいったのです。

 

一瞬、「えっ!?」と思いましたが、次も同じように極端なスイングをしてみると、また真っ直ぐな方向にボールが飛んでいきました。

 

「ヤバイ。。ドライバーのスライス解消できたかも。。」と思ったところでタイムアップ。練習時間を延長したかったのですが、この後用事があったので、やむなく終了。

 

早速、ライザップゴルフのトレーナーに、この事をLINEで報告しました。

 

 

ちょっと半信半疑な感じで終わってしまいましたが、2日後にライザップゴルフのレッスンがあるので、本当にドライバーのスライスが解消されたのか、そこで確認したいと思います。

 

ライザップ ゴルフの公式サイトはこちら >>

 

ライザップゴルフは、今までになかった全く新しいゴルフスクールです。

 

私は以前、別のゴルフスクールに通っていた経験があるのですが、あまりの違いに驚かされました。というか、比べたらライザップゴルフに失礼なぐらい、レベルの違いを感じました。具体的にどのように違うのかは、こちらのページで解説していますので、ぜひ読んでみてください。

 

ゴルフをされているほとんどの方は、思うようにいかず悩まれているのではないかと思います。スライス、フック、シャンク、ダフリ・・悩みはそれぞれだと思いますが、解決策が見つからず路頭に迷われているのではないでしょうか。

 

悩みの解決策は、やみくもに練習しても、ゴルフ雑誌を見ても、YouTubeのレッスン動画を見ても、知る事はできません。もしそれで解決できるのであれば、すでにプロレベルになれているはずです。

 

ゴルフの悩みは一人で解決することは難しく、自分のどの部分に問題があるのか瞬時に把握し、どのように改善したら良いのか的確に教えてくれるティーチングプロにマンツーマンで教えてもらうしか解決方法はありません。

 

そういったティーチングプロが在籍し、なおかつ最新の設備でレッスンが受けれるのは、おそらくライザップゴルフだけではないでしょうか。

 

現状の解決策が見つからない方は、まずはライザップゴルフのカウンセリングを受けてみてください。私がそうであったように、ライザップゴルフに行けば、間違いなくあなたのゴルフ人生は変わります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加