このエントリーをはてなブックマークに追加 

【ライザップ ゴルフ体験ブログ】LessonDアイアンの確認

 

 

ライザップゴルフ池袋店にて、5回目になる今回のゴルフレッスン。

 

まず最初にしばらくやっていなかったパターとグリーン周りのアプローチの復習を行いました。

 

そのあと、前回のレッスンで行った100Y〜のアプローチショットを見直していきました。

 

パターは自宅での自主練習を続けているので、ライザップゴルフレッスン当初に比べると、スムーズにストロークが出来るようになり、ボールの芯にヒットする確率もだいぶ上がりました。

 

グリーン周りのアプローチも同様に、ライザップゴルフの最新型のシミュレーターを使った練習のおかげで距離感もだいぶ良くなり、グリーンに乗るだけではなく、ピンの近くに行く確率が上がりました。


ライザップ ゴルフの公式サイトはこちら >>

 

まずはパターの復習から

 

予約していた時間にライザップゴルフ池袋店に到着すると、早速レッスンがはじまりました。まずはパターの復習から始まりましたが、前回のレッスンの時に比べ、パッティングのタッチが良くなっているのが自分でもわかりました。

 

パターの精度が上がってきていることは間違いないので、前回のライザップゴルフレッスンでやった、カップから1.5m間隔のドリルを、これからも自宅での自主練習で毎日繰返しやっていこうと思います。

 

また、自宅に設置しているパターマットを45cm×4mのものに買い替えたので、ゴルフコースを想定した距離のパットアプローチも積極的に練習していくつもりです。

 

パターについてトレーナーからアドバイス

 

 

ピンに近づけば近づくほど、ピンポイントで狙っていく必要があるので、アドレス・フェースの向き・ストロークなど、すべての箇所を意識しながら打っていかないといけません。

 

これはプロでも同様で、グリーンに近づけば近づくほど打つまでに時間をかけているのが、テレビを見ていてもわかると思います。

 

ドライバーとセカンドショットはフルスイングすればいいだけですが、パターは力加減を考えていかないといけないので、ゴルフスコア100切りのためにも、練習は毎回本番のつもりで集中してやっていくようにしてください。

 

250Yのドライバーショットも、30センチのパターも同じ1打です。目標である100切りにはパッティングの上達は必須です!


と、トレーナーからアドバイスを受けました。

 

続いてグリーン周りのアプローチの復習

 

続いてグリーン周りの短いアプローチの復習を行いました。

 

転がすアプローチや上げるアプローチがある中で、一番難易度が高いサンドウェッジを使った「上げるアプローチ」を重点的にやっていきました。

 

ライザップゴルフトレーナーから教えられた通りのスイングで、腕を5角形に保ったまま手首の遊びをなくし、腰の回転を意識しながらダウンブローで打っていきました。

 

サンドウェッジでグリーン周りのアプローチを打つ時は、ボールを3000〜3500回転させる事が大事で、3000回転以上していれば、グリーンに落ちたときにピシッと止まるとの事でした。

 

グリーンにボールを止めるには、ゴルフクラブのロフト角が大きくなればなるほど、ゴルフボールの回転数を増やす必要があるということですね。

 

 

ちなみに、ピッチングで打つ時は2000回転、8番アイアンで打つ時は1000回転ぐらいが理想なのだそうです。

 

自主練習する時も、ゴルフシミュレーターに表示される回転数をチェックしながらグリーン周りのアプローチ練習をしていく事が大事だとトレーナーに言われました。

 

データを意識しながら理論的にアイアンのインパクトやショットの精度を上げていけるのは、最先端のレッスン設備が備わっているライザップゴルフならではだと思います。

 

サンドウェッジを使ったグリーン周りのアプローチの復習に続いて、30Y〜90Yのアプローチも、ライザップゴルフのトレーナーが1打1打ていねいにスイングや打ち方をチェックしてくれながら復習していきました。

 

これまでに指摘されたインパクトからフォロースルーまでヘッドを押し出す事や、すくい上げる動きをしないことを意識しながらスイングしていったので、比較的まっすぐなボールを打つことができました

 

前回のレッスンで行った100Yのアプローチの見直し

 

続いて、前回のrizap golfのレッスンで初めて行った、100Yのアプローチショットをピッチングで打っていきました。

 

初心者ゴルファーでも、100Yのショットのスイングの精度を上げることができればコース回りがすごく楽になるので、早く自信をもって打てるようになってほしいとライザップゴルフのトレーナーから言われました。

 

例えば・・

  • 1打目で木の後ろに打ってしまった場合、2打目で無理してグリーンに乗せようとぜず、グリーンまでアイアンで100Yの位置に安全に出し、ピッチングで確実に狙う
  • パー5で3オンすればいい時は、2打目をユーティリティなどで無理して飛ばそうとせずに、ショートアイアンで100Yの位置に安全に落として、3打目にピッチングで確実に寄せる

など、100Yのショットが確実に打てることでゴルフスコアの安定に繋がり、ひいてはスコア100切りがグッと近づくという事でした。

 

100Yのショットでボールがフックしてしまう

100Yのショットをピッチングで打っていくと、この日はなぜかフック気味にボールが飛んでいきました。

 

前回のレッスンでは、番手が長くなっていくごとにスライス気味になっていましたが、今回はそれを意識しすぎたのが原因なのか、またフック病再発です。。

 

スライスする時のヘッドの向きと、フックする時のヘッドの向きの中間でスイングすれば丁度いいのだと思いますが、そう簡単にうまくはいきません。。

 

手首の返しを意識して自宅でもスイング練習を行ってはいたのですが、このあたりは、本当にゴルフの難しさを感じます。。

 

トレーナーから、

 

 

グラブが長くなっていくことで振りが強くなってしまい、それに伴って手の動きが強くなってしまう事がフックの原因です。

 

フックしないようにする為には、とにかくインパクトでフェースが被らない感覚を養いながら練習をすることが大事です。

 

あと、ダフリが原因でフックしている事もあるので、ダフリが続く時はボールは通過点というイメージで、素振りを1、2回してからボールを打つようにしましょう!

 


 


と、アドバイスを受けました。

 

その後、ライザップゴルフのトレーナーのアドバイス通りスイングしていくと、3球中1球は100Yの距離でグリーンオンできるようになりました。ライザップゴルフの体験に通う前の自分では考えれない確立です。

 

今回のレッスンで、100Yのアプローチショットが100切りのキーポイントになる事は理解できたので、ピッチングで狙ったところに落とせるように、ライザップゴルフの最新シミュレーターを使って繰り返し練習していきたいと思います。

 

120Yのショットに差し掛かった所で今回のレッスンは終了

100Yのアプローチショットに続いて、120Yのショットを8番アイアンで打っていきましたが、5球ほど打った所でタイムアップになりました。今回のレッスンは、新しい番手に進むことができず、地味なレッスン内容になってしまいました。

 

とはいえ、レッスン項目が前に進んでいなくても、その時々で見つかった改善点をピンポイントで指摘してもらえているので、どこが悪いのか原因が明確になり、少しずつですがスイングが進歩しているのが自分でもわかります。

 

その証拠に、アイアンの各ショットの飛距離が以前より20Y前後上がってきていますし、気持ちよく芯に当たる回数も増えてきています。

 

更にショットの精度を上げるためには、練習量でカバーしていくしかありません。空き時間の自主練習では、ピッチング・8番アイアン・7番アイアンでのショットを確実にグリーンに乗せれるようにひたすら練習していきたいと思います。

 

ライザップ ゴルフの公式サイトはこちら >>

 

ライザップゴルフは、今までになかった全く新しいゴルフスクールです。

 

私は以前、別のゴルフスクールに通っていた経験があるのですが、あまりの違いに驚かされました。というか、比べたらライザップゴルフに失礼なぐらい、レベルの違いを感じました。具体的にどのように違うのかは、こちらのページで解説していますので、ぜひ読んでみてください。

 

ゴルフをされているほとんどの方は、思うようにいかず悩まれているのではないかと思います。スライス、フック、シャンク、ダフリ・・悩みはそれぞれだと思いますが、解決策が見つからず路頭に迷われているのではないでしょうか。

 

悩みの解決策は、やみくもに練習しても、ゴルフ雑誌を見ても、YouTubeのレッスン動画を見ても、知る事はできません。もしそれで解決できるのであれば、すでにプロレベルになれているはずです。

 

ゴルフの悩みは一人で解決することは難しく、自分のどの部分に問題があるのか瞬時に把握し、どのように改善したら良いのか的確に教えてくれるティーチングプロにマンツーマンで教えてもらうしか解決方法はありません。

 

そういったティーチングプロが在籍し、なおかつ最新の設備でレッスンが受けれるのは、おそらくライザップゴルフだけではないでしょうか。

 

現状の解決策が見つからない方は、まずはライザップゴルフのカウンセリングを受けてみてください。私がそうであったように、ライザップゴルフに行けば、間違いなくあなたのゴルフ人生は変わります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加