なにをやってもダフリ・トップが解消できない人の原因と直し方

 

ゴルフにおいて必ず悩まされる問題のダフリ、トップ。

 

今回はその原因をしっかり頭に入れておいてもらい、練習に生かしてみてください。

 

ダフリ・トップの原因

アドレス
体重移動
クラブヘッドの振り遅れ
体の回転不足

 

実はダフリとトップは原因が同じであり、どっちのミスが出るかというのは紙一重なんです。

 

それぞれの項目で説明していきます。

 

まず、@のアドレスです。

 

アドレスが原因でダフリが出てしまう要素は軸の傾きと体重配分にあります。

 

アドレスで必要以上に右肩が下がっているとスイング中の回転が縦になりすぎてしまい、ダフリます。

 

体重配分も右に残りすぎてしまっていると、手前をたたきやすくなってしまい、ダフリになってしまいます。逆に左に乗りすぎていてもクラブヘッドが遅れやすくなるため、ダフリにつながります。

 

では、反対にどうなったらトップしてしまうのか?ということですが、これは「ダフリの原因の言い方を変える」だけなんです。

 

では、まずアドレスの軸の傾きですが、左肩が上がりすぎてしまっていると、クラブヘッドがアッパースイングになりやすく、地面に届かなくなりやすいです。

 

体重配分ですが、アッパースイングになるということは右に残りやすいので、右に残ってボールに届かないなんてことも出てきます。

 

さらに左に乗りすぎてしまうと、最下点が前に行き過ぎてしまい、トップしてしまいます。

 

続いて、Aの体重移動です。

 

右に体重が残ったままになってしまうと、ボールの手前をたたいてしまいやすく、ダフリがでてしまいます。

 

また、左に乗せすぎてしまうと、回転がおろそかになり、手元が詰まり、振りぬきが悪くなってしまい、ダフリにつながってしまいます。

 

さらに、重心がダウンスイングで下がりすぎてしまうと、元々の高さより低い位置に戻りやすくなり、これもダフリになってしまいます。

 

では、トップする原因も見ていきましょう。

 

体重が右に残ると、左肩が上がる形になりやすくなり、ボールを救い打とうとする軌道、すなわちアッパースイングになるため、ボールの上をたたきやすくなります。

 

また、左に乗りすぎてしまうと、ボールよりも前にクラブが下りてきてしまうので、ボールの上をかすめやすくなります。また、重心が伸びあがるとトップしてしまいます。

 

次に、クラブヘッドの振り遅れです。

 

まず、ダフリやすい理由ですが、体よりクラブヘッドが遅れてくるということは、インパクトの形の時にまだクラブヘッドがボールのところに来ていないという事です。

 

したがって、当てようとすれば手前の地面に当たる確率が上がり、ダフリやすくなります。

 

また、振り遅れているという事は、クラブの軌道が極端にインサイドから下りてきていたり、キャスティングしてしまっていて、タメがほどけてしまっらりして、先にクラブヘッドが地面に当たってしまっている可能性もあります。

 

また、アウトサイドイン軌道になっていたとしても、体が先に開くのでダフることは大いにあります。

 

トップしやすい理由もやはり付随してしますが、クラブヘッドが遅れてきているということは、体が先に開いている。

 

すなわち、インパクトの形を過ぎてからクラブヘッドがボールに当たるので、既に体は浮いてしまっている状態の為、ボールの上をたたいてしまいます。

 

そして、クラブの軌道が極端にインから来た場合も、体が浮き上がりやすく手元も元の位置よりも上に戻りやすく、トップにつながってしまいます。

 

また、アウトサイドイン軌道の場合も体が開くのでインパクト時点で既に体が浮き上がってしまっている場合にトップが発生してしまいます。

 

最後に、体の回転不足についてです。

 

体の回転が足りないということは、基本的には手打ちという事になります。

 

手打ちの場合、体重移動をしなくなることが多く、左に乗せられない状態でインパクトしようとすると手前をたたきやすいです。さらに、手が体を追い越そうとしたときに体が回ってないと詰まります。

 

詰まってインパクトすると思っているところよりも手前をたたきやすくなります。

 

トップの原因も同じです。手打ちになり、体が回転していないと手で当てに行く動作が強いので、最下点がズレるためにトップしやすくなります。

 

また、詰まる時に手元が浮いたりするとトップが生じてしまいます。

 

このように原因は様々ですが、ダフリ、トップの原因は基本的に同じ理由から来ています。トップばかりしている人がダフれるようになったからと言って治っているとは限りません。

 

何度もいいますが、ダフリとトップは紙一重です。

 

まずは原因を把握してもらい、練習に励んでいきましょう。

 

ダフリ・トップを解消するその練習法とは?

ダフリ・トップを改善する方法はただ一つ。

 

それは、ビジネスゾーンをマスターする。実はこれだけで治ってしまうのです。

 

ビジネスゾーンとはその名の通り、そのゾーンができるとお金、利益を生むということなのですが、意外とみなさんこれができていないのです。

 

できている人は、大抵パター、アプローチが上手な人です。パター、アプローチで悩んでいる方は大体ビジネスゾーンができていません。

 

ビジネスゾーンだけを毎日練習するだけでいいです。そこの形が分かれば先に説明したトップ、ダフリの原因の形にならないです。

 

では、ビジネスゾーンの練習方法を伝授します。

 

始めは足を閉じた状態で行います。そして、しっかりと腹筋に力を入れてアドレスしてください。

 

そうすることにより、テークバックした際に、手元と体が同調して一緒に動いている感覚が分かるはずです。

 

テークバックをしっかり腰の高さまでヘッドを真っすぐ引いたら、同調させたままフォローに行きます。フォローもヘッドが腰の高さまでで良いです。

 

足を閉じているので体重移動もいりません。まずはこれでしっかりボールをミートできるようにしましょう。

 

これができていると、必ず出球が真っすぐになります。ちょっとでも左右にブレていたら出来ていないと思って下さい。

 

できるようになってきたら、足を肩幅に広げてやってみましょう。

 

肩幅に広げた分だけ、体重移動を加えます。その時に頭の位置が動かないようにしましょう。

 

コツは股関節に体重をのせるということです。

 

さて、ここまで原因、治し方と伝授しましたが、中にはトップしかでない、ダフリしかでないという人もいます。また、小さいスイングはできるけど、大きくしたらできないという人もいます。

 

今からはそこに特化した人向けの直し方を伝授していきますね。

 

まずは、トップしか出ないという人

破いた紙きれをボールに見立てて素振りをする。
左足下がりの傾斜地で練習する
ティーアップしてアドレスでボールの高さに合わせてスイングする。

 

まずは、@の紙切れドリルですが、こちらは紙切れをボールの位置にセットするだけです。

 

その紙切れを打てるようになると地面にクラブが届いている証になります。

 

しっかり紙にヘッドが当たると紙がしっかりフワっと飛んでいきます。風圧だけだと紙は上がらないので見た目でも分かるので試してみてください。

 

続いて、Aの左足下がりの傾斜地での練習です。

 

身近にない場合は、右足で台を踏みながらでもOKです。左足下がりの傾斜地で打てるという事は、しっかりクラブヘッドが上から下に下ろせている状態を表しています。

 

即ち、フラットなところで同じことをすると、確実に地面にクラブが届くという事です。

 

特にインサイドアウト軌道でトップばかりになっている人におすすめですよ。

 

最後は、Bのティーアップドリルですが、こちらは地面にボールがあるとどうしても下を擦れない人向きです。

 

ティーアップしてボールを構え、ボールの芯とクラブの芯が同じ高さに来るように構えます。セット出来たらそのままスイングしてそのボールを打ちます。

 

ちょっとでもティーに当たったらダフリ、ボールが上がらなかったトップになります。しっかり芯に当たったと感触がはっきり分かりやすいです。

 

当たるようになってきたら徐々にティーを低くしていき、最終的に地面のボールを打てるようにしましょう。

 

ダフリしか出ない人

ティーアップドリル
ステップドリル
左一軸ドリル

 

まず、@ティーアップドリルですが、トップが出る人と同じです。こちらもティーに当てないようにしっかりとボールだけを払うようにしてください。

 

下から入りすぎてダフる可能性が高い人は特にこの練習をすると軌道も改善されて良いです。

 

ウッドやロングアイアンが苦手という人はぜひ試してください。しっかりクラブヘッドを滑らせる感覚が身に付きます。

 

続いてAのステップドリルですが、こちらは切り返しで左足を1歩前に踏み出してから打つというドリルです。

 

野球のように足を踏み出す感覚です。特に体重移動ができない人が即効性のあるドリルになっています。右に残ってダフッているので、まずはしっかり左に乗る感覚を身につけましょう。

 

踏み出したときに必ず体重は左にシフトしています。注意点としては、踏み出したときに一緒に頭が動いてしまうと意味がないので、頭を残したまま踏み出すようにしましょう。

 

出来てきたら、今度はステップする位置を変えます。インパクト〜フォローでそのまま右足を前に出して歩いてください。踏み出しがスムーズにできている場合は、体重が移動できている証拠です。

 

もし、踏み出しが不自然なら、まだ右に残っている証拠です。打ったらそのままスタスタ歩けるくらいスムーズにできるようにしましょう。

 

最後はBの左一軸ドリルです。これは、アドレス時から体重配分を左6にしてもらい、右に乗らないままスイングをするドリルです。

 

左に乗せている状態で打つという感覚を身につけることと、スウェー防止にもつながります。軸固定を意識しながら打てるのでスムーズにできます。

 

どのドリルが適しているか判断ができない場合は、それぞれをチャレンジしていただき、一番しっりくるものを選べばよいですよ。