【ゴルフスクール比較】ゴルフテックの口コミ・体験レビュー!

 

ゴルフテックは、もともとはアメリカで発祥したゴルフスクールになります。なんとアメリカではゴルフレッスン市場の25%を占めるほどのゴルフスクールになります。日本には2012年に上陸し、現在9店舗を展開しています。ゴルファーにはおなじみの「ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)」が運営しています。

ゴルフテックおすすめポイント!

・完全個室のマンツーマンレッスン
・レンタル無料なので手ぶらで通える
・全米が認めたレッスンノウハウがある
・最新システムを用いたハイテクレッスン

初回スイング診断 10,000円(税抜)
入会金 無料
会費

8回レッスンの場合で
68,000円(税抜)

営業時間

平日10:00〜22:00
土日祝8:00〜20:00

店舗 六本木・恵比寿・銀座・神田・池袋・新宿・横浜桜木町・大阪梅田・名古屋名駅
おすすめ度  

ゴルフテックの公式サイトはこちら

 

ゴルフテックはおすすめできるのか?結論から言うと・・

 

ゴルフテックをジャッジした結果、かなりおすすめできると感じました!

 

私はたくさんのゴルフスクールで体験レッスンを受けてきましたが、体験レッスンを受けただけで上達したと感じたのはゴルフテックが初めてです!


ゴルフテックと他のゴルフスクールの違い

最新システムのセンサーを使用してスイング分析!

 

ゴルフテックではセンサーを腰と肩に着用して、スイング中の身体の動きをデータ計測していきます。

 

私は初回スイング診断でこのシステムを体験しましたが、「これはすごい!」と感心しました。

 

通常のゴルフスクールでは、主観でレッスンを行っていくのでコーチによって指導内容が違う事がよくあります。

 

ゴルフテックではスイング分析で出た数値をプロの数値と比較して改善点を見つけていくので、どこが悪いのか明確にすることができます。

レッスンの内容をスマホで確認できる!

 

ゴルフテックでは、レッスンで教わった内容の動画をスマホやパソコンで確認することができます。

 

上の画像は実際の画面ですが、レッスン前とレッスン後の比較やコーチから伝えられたことなどを映像と音声で確認することができるので、場所を選ばず復習する事ができます。

 

このシステムも、他のゴルフスクールにはないサービスだと思います。

完全個室のマンツーマンレッスン!

 

ゴルフテックは完全個室のマンツーマンレッスンになります。

 

集中できる環境でコーチが付きっ切り指導してくれることにより、グループレッスンよりもはるかに上達することができます。

 

ゴルフテックの初回スイング診断口コミ・体験レビュー

 

今回お邪魔したのは、ゴルフテック池袋店になります!

 

ゴルフテックの公式サイトから初回スイング診断の予約をしました!

 

希望日に予約が取れたので、当日ゴルフテック池袋店に向かいました!


 


 

池袋駅の東口を出て徒歩3分ぐらいの場所にゴルフテック池袋店はありました。

 

駅から近い場所にあるのは嬉しいですね!

 

エレベーターで2階に上がると、降りてすぐのところに受付がありました。

 


 

受付付近にはグラブやおしぼりなどが置かれ、充実した設備になっていました。

 

ゴルフテック池袋店の第一印象としては、綺麗な店舗だなという感じを受けました。

 

 

スイング診断が始まる前に、椅子に座って診断申込書を記入していきました。

 

記入した診断申込書を受付に渡してからしばらくすると、本日担当してくれるコーチが挨拶をしに来てくれました。

 

 

そしてそのまま個室の練習ブースに案内してくれました。

 

ゴルフテックの初回スイング診断手順

ゴルフテックの初回スイング診断は、次のような手順で進んでいきました。

悩み、目標の確認
スイングの撮影
スイング分析、解説
レッスン
レッスンプランの提示

 

@悩み、目標の確認

 

個室の練習ブースに入ると、まず最初にゴルフのレベルや悩み、目標などをコーチとヒアリングしていきました。

 

ヒアリングした内容はこんな感じです。

・ゴルフ歴
・ラウンドの頻度
・ゴルフを始めたきっかけ
・平均スコア
・ベストスコア
・ゴルフをする知人はいるのか
・現状のゴルフの悩み
・アイアン、ドライバーの飛距離
・今後どうなりたいか
・今までに個人レッスンの経験はあるか
・何を優先的に直していきたいか
・所有クラブのメーカー
・過去のスポーツ経験
・趣味あるのか

細かい部分までヒアリングすることにより、私の状況を詳しく把握してもらう事ができました。

 

Aスイングの撮影

 

続いてスイングの撮影に進みました。

 

ゴルフテックではスイングを診断するために「モーションメジャメント」という最新テクノロジーを導入しています。

 

「モーションメジャメント」とはどんなものかというと、ベルト状になっているセンサーを肩回りと腰回りに取り付け、スイング中の動きを数値化していくシステムになります。

 

 

 

下の画像は私のスイング画像ですが、肩と腰回りに黒いベルトを付けているのがお分かりになると思います。

 

球筋や飛距離を数値化するシミュレーターを導入しているゴルフスクールはたくさんありますが、スイングを数値化するシステムを導入しているゴルフスクールは他にないと思います。

 

 

センサーを体に取り付けると、コーチから「10球ぐらい打ってみてください。」と言われたので、ゴルフネットに向かって打っていきました。

 

 

打った球筋は、打席の正面に設置されているモニターに反映されていきます。

 

このあたりのシステムは他のゴルフスクールとあまり変わりはありません。

 

10球打ったところで一度ストップし、データーをもとにスイング分析していきました。

 

Bスイング分析、解説

 

スイング分析は、机の上のモニータを見ながらおこなっていきました。

 

どのようにスイング分析していったかというと、ゴルフテック独自のスイング解析ソフト「g-SWING」を使って行っていきました。

 

「g-SWING」とは動画を使ってプロのスイングと比較していくソフトで、今回はプロの中でも一番オーソドックスなスイングをしているタイガーウッズのスイングと比較していきました。

 

 

スイングの比較は、目でみた違いを比較するのではなく、先ほど体に取り付けたセンサーで計測した数値と、プロのスイングの数値を比較して分析していきます。

 

 

計測した数値は色別で表示され、数字が「赤」になるとプロの数値とかけ離れているということで、「黄色」はまずまず、「緑」はプロに近い数値ということになります。

 

数値と動画を組み合わせる事によって、改善しないといけない部分がより明確にわかるシステムになっています。

 

数値分析に集中しすぎて私の数値の画像は撮り忘れてしまったのですが、ピンポイントかつ明確にプロのスイングとの違いを把握することができたので、画期的なシステムだと感じました。

 

しかも分析した動画はスマホやパソコンからいつでも確認する事ができるので、打ちっぱなしに行った時や自宅練習する時などに復習することができます。

 

ゴルフスク―ルでは、コーチによって指導の仕方が違い「結局どうなの?」と戸惑ってしまう事があります。

 

このシステムで分析すれば改善すべき部分が明確にわかるので、コーチの指導内容に振り回されることなくレッスンを受けることができると感じました。

 

私のスイングを分析

私のスイングの数値とプロの数値と比較し、どの部分を改善するべきなのか把握していきました。

 

そのあと、コーチから具体的な改善方法を指導してもらいました。

 

 

まずは正面のアドレスから。

 

 

ボールから真上に線を引いた時に左耳が一直線に重なるようにします。

 

ボールポジションは、左足のかかとからクラブフェース一個分ぐらいの位置が理想です。

 

ビハインドザボールと言って、ボールから真上に引いた線に対して頭が画面左側にあるとボールが強く押せたり叩いたりできます。

 

それに対して現状を見てみると、左手左耳はだいたい重なっているし頭は画面左側にあるので問題ありません。

 

ボールポジションは気持ち左側に置いているのでいいと思います。

 

真ん中に置いている意識があるのであれば、気持ち左側においてあげるといいですね。

 

そうしないと、インパクトで頭が残りにくくなります。

 

数値を分析してみると、前景の角度が起きすぎています。

 

数値が少ないので、もっと前傾を深めていってください。

 

それ以外は、だいたい綺麗なアドレスになっていると思います。


 

 

 

続いて、テークバックからトップ。

 

 

テークバックでは肩を右に動かそうとする人が多いですが下に動いていくのが理想になります。

 

プロのスイングは肩が下に動いているから頭がほとんど動きません。

 

現状のスイングを見てみると、肩が横に回転していて腰が少しずれてしまっています。

 

あと、肩と腰が全然回っておらずプロの数値の半分もいっていません。

 

これは手だけでクラブを上げてしまっているということなので、もっと肩と腰を回していく必要があります。

 

おそらく軸をキープしないといけないという感覚が強すぎて体のどこかに力がはいっています。

 

力が入っている部分を開放してあげることにより腰と肩がもっと回ってくると思います。


 

 

 

次はダウンスイング。

 

 

ダウンスイングにかけて腰が画面右に少し動いていきますが、頭はしっかり残しておくのが理想です。

 

それに対して、腰が画面右側にそこまで到達していません。

 

テークバックからトップにかけて腰が画面左に移ってしまっており、それを軸に回転してしまっています。

 

ということは、インパクトが画面左側になりやすいという事になります。

 

良いところとしては、右手の角度がキープされているのはすごいと思います。

 

ただ、腰が画面右に移れていないのでダフリが出やすいスイングになってしまっています。

 

単純にボールに対してクラブヘッドが遠いわけです。

 

画面右側に移りながら打てれば、当りは全然変わってくると思います。


 

 

 

最後はフィニッシュ。

 

 

フィニッシュがとりきれていないので、上に振り上げるようなイメージでクラブを振りぬいていく事を意識していってください。

 

ただ、すべてを意識していくのは難しいので、まずはアドレスと体の回転を意識していく事が重要です。

 

そうすれば、今よりはフィニッシュが安定してくると思います。


 

指導してもらった内容を意識してスイングしてみた

スイング分析を行った後、コーチからアドバイスしてもらった事を意識しながら、再度打っていきました。

 

下の画像はその時のスイングになります。

 

 

 

 

 

 

両足にプレッシャーがかかり過ぎていたので、解放してあげた状態で体を回していきました。最初のスイングと比べると、肩と腰がしっかり回っているのがわかります。

 

体の回転を意識してスイングすると、インパクトで芯を捉えれるようになり飛距離がかなり伸びました。

 

最初に10球打った時は7番で120〜140ヤードしか飛んでいませんでしたが、今回は170ヤード以上飛んだボールがいくつかありました。

 

体の回転がしっかりできるようになってダウンスイングが安定してきた証拠だと思います。

 

あとは、テークバックの時に腰が右側に動いているので、軸がずれないようにすればもっと当りは安定してくるとのことでした。

 

たった数十分のスイング診断とコーチからのアドバイスで、自分のスイングが上達したのは正直驚きました。

 

ゴルフテックでは体験レッスンまでしか受けていませんが、入会して数ヵ月通えばもっと上達できるのではないかと感じたレッスン内容でした。

 

ゴルフテックの公式サイトはこちら

 

Dレッスンプランの提示

ゴルフテックの料金について

初回スイング診断料  10,000円(税抜)

 

ゴルフテックでは入会する前に、必ずスイング診断を受ける必要があります。

 

今回、初回スイング診断を受ける前は「1万円かぁ〜高いなぁ〜」と思っていましたが、実際に受けみると1万円を払う価値は十分あったと私は感じています。

 

ゴルフテックに通われている方からの紹介や、初回スイング診断を受けた当日にゴルフテックに入会しレッスンのチケットを購入した場合は、初回スイング診断料金は半額になります。

 

ゴルフテックのレッスンプラン

レッスンプラン 回数 価格(税抜)
64回レッスンプラン 64回 462,000円
32回レッスンプラン 32回 245,000円
16回レッスンプラン 16回 130,000円
8回レッスンプラン 8回 68,000円

 

ゴルフテックは入会金が0円になります。

 

レッスンプランは8回から64回まで4種類のプランを選ぶことができます。

 

レッスン回数が多いほど、1回あたりの単価が下がってきます。

 

レッスン時間はすべてのプランにおいて30分になり、それ以上の時間でレッスンを行っていません。

 

私はライザップゴルフで50分間のマンツーマンレッスンを受けていましたが、50分でもあっという間だったので30分だとちょっと少ないんじゃないかと思ってしまいます。

 

どのレッスンプランを選ぶべきかは、初回スイング診断の内容をもとにその人にあったプランをコーチがアドバイスしてくれます。

 

私の場合だど、最低2ヵ月は通ったほうがいいとのことで16回(週2回)のレッスンプランをすすめられました。

 

ゴルフテックの特別割引

平日デイタイム割引 平日営業開始-17時開始限定 10%OFF
リピート割引 レッスン購入2回目以上、且つ最終レッスン終了時までに購入された方 5%OFF
ゴールド割引 通算100レッスン達成した方 10%OFF

 

打席練習

30分(事前予約制) 2,778円(税抜)

 

レッスンを購入している方対象に、レッスン以外で個室を使って練習できるプランも用意されています。

 

ビデオ撮影してスイングを確認したり、シュミレータ―を使用して弾道を把握したりすることができます。

 

ライザップゴルフでは、練習ブースが空いている時は無料で練習させてもらう事ができるので、レッスン以外の練習環境はライザップゴルフのほうがいいですね。

 

ゴルフテックのお支払い方法

ゴルフテックのレッスン料の支払いは、現金がクレジットカードのどちらかになります。

 

クレジットカードはVISA、JCB、AMEXなど主要なカードはだいたい使えます。

 

【ゴルフテック】レッスンの流れ

@レッスンテーマの確認

 

まず最初にレッスンテーマを確認します。レッスン以外での練習状況や上達具合によって柔軟にテーマを決めていきます。

Aスイング撮影

 

ここから先は、初回スイング診断の流れとほぼ一緒です。腰と肩にセンサーを装着してスイング中の身体の動きをデータ計測します。

 

ゴルフクラブ、シューズ、グローブは無料でレンタルしています。

Bスイング分析と解析

 

ビデオでプロのスイングの動きや数値を比較しながら、改善点の指導をしてくれます。

C練習ドリル

 

自宅や打ちっぱなしで行える練習ドリルの宿題を出し、次のレッスンまでに身につけてもらいます。

Dレッスン内容の録画、録音

 

自宅や打ちっぱなしで復習ができるように、レッスンで行った内容を録画、録音し、指摘された改善方法や練習ドリルをWEBシステムにアップしてくれます。

Eアウトドアレッスン

 

別料金にはなりますが、9ホールのラウンドレッスンも行っています。

 

シミュレータでのレッスンと合わせて、実際のコースでもレッスンを受けることにより、上達を加速させることができます。

以上が、ゴルフテックのレッスン内容になります。

 

ゴルフテックのレッスンを受けた方の96%以上が、上達を実感されているのだそうです!

 

ゴルフテックの店舗一覧

六本木 GOLFTEC(ゴルフテック)

東京都港区六本木3-7-1ザ・六本木東京プラザ2F

恵比寿 GOLFTEC(ゴルフテック)

東京都渋谷区恵比寿1-8-4COCO SPACE EBISU 2F

銀座 GOLFTEC(ゴルフテック)

東京都中央区銀座5-13-19デュープレックス銀座タワー5/13 3F

銀座ANNEX GOLFTEC(ゴルフテック)

東京都中央区銀座4-8-4三原ビルディング3F

神田 GOLFTEC(ゴルフテック)

東京都千代田区鍛冶町2-6-1堀内ビルディング1F

池袋 GOLFTEC(ゴルフテック)

東京都豊島区南池袋1-25-1エキニア南池袋2F

新宿 GOLFTEC(ゴルフテック)

東京都渋谷区代々木2-1-1新宿マインズタワーB1F

横浜桜木町 GOLFTEC(ゴルフテック)

神奈川県横浜市中区桜木町1-1-7コレットマーレ3F

大阪梅田 GOLFTEC(ゴルフテック)

大阪府大阪市北区曽根崎2-11-16梅田セントラルビルB1F

名古屋名駅 GOLFTEC(ゴルフテック)

愛知県名古屋市西区牛島町6-24アクロスキューブ名古屋 6F

 

ゴルフテックの公式サイトはこちら